MENU

敏感でデリケートな赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんのお肌は汗腺が多く、新陳代謝がとても激しいので赤ちゃんはとても汗っかきなもの。その一方、赤ちゃんの皮膚はとっても薄く(大人の半分の皮膚の薄さ)、ちょっとこすれたり掻いたりするだけで傷ついてしまうことも。
肌の表面をおおう皮脂がバリア機能を果たしているのですが、おふろで皮脂を落としすぎると傷つきやすくなってしまいます。おふろ上がりにはベビーローションなどでうるおい成分をプラスして、肌のバリア機能を高めることがスキンケアの基本ポイントです。

 

赤ちゃんとのスキンシップのタイミングはいつがいい?

赤ちゃんのお肌のお手入れは、ママとのスキンシップタイムでもあります。ママがローションやオイルを手に取りやさしく肌につけてあげる時間は、赤ちゃんをリラックスさせ、心落ち着くひとときです。赤ちゃんの目を見て話しかけながら優しく、ときには激しく愛情表現をして笑顔を引き出してあげましょう!

 

赤ちゃんの肌質はめまぐるしく変わるので常に気をかけてあげることが大切。

真っ白く、ぷにぷにの赤ちゃん肌、とよく言いますが、実際は新生児でまっさらぷにぷにというのは少ないようです。多くの赤ちゃんは逆に、湿疹でぶつぶつカサカサ、触ると結構硬いという…状態が結構多いのも事実です。これは経験した先輩ママさんもウンウンと納得でしょう。
一般的には、生後0ヶ月〜生後2ヶ月頃までの赤ちゃんは皮脂分泌がとても活発で汗もかきやすく、生後3ヶ月を過ぎると皮脂分泌が減って乾燥しやすいんです。
というと、乾燥しやすくなる3ヶ月以降から保湿ケアを始めたほうが良い…とも言えないようです。

 

赤ちゃんのスキンケアグッズの時期とケア方法

赤ちゃんのデリケートな肌を守る基本ポイントは「清潔+保湿」。赤ちゃんの肌を生まれてすぐに保湿する。
これは何も今の肌を守るということだけではありません。これから赤ちゃんはどんどん成長していくわけですが、今のうちにしっかりと保湿をしたり、余分な皮脂などを落としてあげておくことで子供が将来的に肌トラブルに悩まないようにすることができます。
ですが、もちろん逆もしかりです。
生まれたばかりのころからしっかりとスキンケアで肌をまもってあげていないと大人になってもなやまされることになってしまいます。だいたい皮膚のバリアがきちんとできるようになるのが3歳くらいですので、生まれてからそれまではできるだけ毎日保湿をしてあげるようにしましょう。
オーガニックの赤ちゃんスキンケアなら植物性の優しさで敏感でデリケートな赤ちゃんの肌にもより安心して使えると多くのママさんの支持を得ています。

 


このページの先頭へ